眠気も吹き飛ぶ保育士
眠気も吹き飛ぶ保育士
ホーム > サーバー > FX相場の危険性を察知するボリンジャーバンド

FX相場の危険性を察知するボリンジャーバンド

FXの醍醐味と言えばチャートの分析です。

今回は多くのトレーダーが通る道「どこまで上がる(下がる)んだろう」の疑問にお答えするボリンジャーバンドの説明になります。

これには移動平均線の基本を理解している事が前提になります。

■統計学に基づいたボリンジャーバンドボリンジャーバンドは学校の偏差値と同じように標準偏差と分散の考えに基づいています。

その平均値からのバラツキの大きさによって±σ1~3の種類があります。

±σ1の範囲内に収まる確率は68.3%以降順番に95.4%,99.7%が証明されています。

例えば25日間のボリンジャーバンドの±σ3を表示させたとしましょう。

価格がその線を越える確率はたったの0.3%なのです。

これを考えればボリンジャーバンド±σ3の線を越えるまで待つというリスクの高い行動をせずに済みます。

■相場の危険性を察知するボリンジャーバンドはその性質から価格の変動が大きくなると+と-の幅が広がるという性質があります。

逆も然りです。

ロウソク棒でもそうですが価格変動のリスクを察知できるのでこちらも利用しましょう。

FX VPSナビ